メキシコでの出産について

スポンサーリンク

36歳の時結婚をし、年齢的に子供を望んでいたものの仕事が忙しく、できないまま3年。たまたま良さそうな産婦人科の先生が見つかり受診すると7年前摘出したのに子宮筋腫が再発していて、しかも膀胱を圧迫しているので100%摘出手術との診断。メキシコはなんと産婦人科と歯科は日本より進んでいるそうなんです。渡墨数か月前、日本でも手術を受けたのですが、担当の先生も「メキシコの方が進んでるから向こうで手術しても良かったんじゃない?」と言うのでびっくり。それから軍医がかなりレベルが高いと主人の意見。診察してもらい2週間後には手術の予定が組まれました。さすが私立。国の医療制度については別で触れたいと思いますが、外国人はおそらく私立でお世話になることが多いと思います。

日本では腹腔鏡を勧められたのですが、今回は開腹手術でしっかり摘出して頂きました。エコーでは隠れていたものも含め大小8つ。半身麻酔で、上半身は睡眠薬のみなので、全身麻酔より術後が楽でした。そしてなんと翌日には退院が当たり前!!当日は仕事を普通にして1日絶食、夕方入院して手術、翌朝起きて朝食を食べたらベッドから離れるように指示され、それができれば管などを外してもらいトイレ。その後歩く練習をして、シャワーを浴びるように言われます。問題なければ退院と、超スパルタ!もちろん家へ帰ったら一週間は安静に、しかし癒着を防ぐためできるだけ歩くように言われます。ほとんどソファーベッドで寝そべりながら1週間仕事をしました。10㎝も切ってますから歩くのが怖くて怖くて。でも本当、日本で手術をした時よりも痛みがほとんどなく、治って復帰するのが早かったです。

さて、その後その先生の狙い通り妊娠することができ、39歳帝王切開で高齢出産しました。検診は基本毎月。妊娠が分かった時のエコーはあまりにもすぐだったので豆粒みたいな影が映っていました。その翌月は頭からお尻までが3.5㎝あって、手足をバタバタしていたのに感動。そんなに小さくても動くんですね!動画でそのエコーを残していないのが残念ですが、しっかり脳裏に焼き付いています。

年齢によっても違うのかもしれませんが、16から20週くらいでかなり詳細な検診もします。実はこの時の血液検査で、ダウン症などの疑いの確率などがわかるのですが、18トミソリーの確率が50分の1だということでした。今までそんな疾患自体聞いたことがなかったのでネットで知らべて、、泣きました。先生に更に精密な羊水検査をするか聞かれましたが、色々調べるてみてそれが判明しても何も変わらない、対処法もないということ。もう赤ちゃんも大きく育っていて、しかも今までの検査で健康で申し分ないと言われていたので夫婦で絶対に健康な赤ちゃんが生まれると信じていました。内心不安はもちろんありましたが、今時珍しく7人の子供を産んだ友達は、生まれる前も産んでからもずーっと心配よ、と言われてなぜかほっとしたのが未だに忘れられません。

ちなみに産婦人科へは毎回夫婦で通院します。特に私の場合、医療的な専門用語などがどうしてもスペイン語で分かりずらいので、主人と一緒だとかなり安心できました。

帝王切開は後が痛いと聞いていて、しかも初めて子供を迎えます。仕事に必死でやって来たメキシコでの9年、今回は自分の体だけの子宮筋腫摘出とはまた話しが違います。早く子供に会いたいけれど自分がちゃんと母親になれるのか不安が募りました。が、また今回も翌日にはシャワーを浴びるよう言われ、私は退院できるほど回復しているのですが、赤ちゃんを2泊きちんと観察してもらいながら、3日目に退院でした。赤ちゃんは健康優良な女の子です。

病院で「(赤ちゃんの)ピアス持ってきてますか?」と聞かれる。女の子だと産まれた病院でだいたいピアスの穴をあけます。理由は後で開けるのが痛いから(笑)!!特に宗教的な意味とかはないそうです。うちの場合はお義母さんが「すっかり忘れてたわ!」と言ったものの、私の両親が反対だったので、それで良しとしました。私も本人が開けたいと言った時でいいかな、と友達に言うと「うちの娘(両親日本人、メキシコ在住)3年生で開けたし、下の娘も幼稚園でみんなしてるからしたがっている」とのこと。やっぱり女の子ですね、生まれた時に開けておいても良かったのかもしれません。

そしてこちらの出生届けは「本人」が出頭しなければなりません。そう、生まれてきた赤ちゃん本人です。1カ月以内でいいのですが、もう退院のついでに、、と生後3日目に区役所へ行き、小さな小さな指で指紋を提出しました。

ちなみにこちらでは母乳外来などはありません。母親や親戚、友達が親切に親身に教えてくれるのを聞くのみ。あとは母乳の出が良くなるものはできるだけ取りました。ノンアルコールのビールも飲んでいましたが母乳を出すため、リラックスするためワインを1杯飲みなさいと小児科の先生に言われてびっくり!とりあえず出なくても根気よくあきらめず赤ちゃんに胸を吸わせろと言われたのですが、妊娠高血圧になった私は頭痛がしてくるため、4カ月までは混合で頑張りましたが、その後は赤ちゃんの方から離れていきました。おそらくほとんど出なかったからでしょうね。でも健康にたくましく育っています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です