アメリカで出産!【体験談】早すぎる退院・無痛分娩・豪華な病院食…

スポンサーリンク

2018年の春に娘をアメリカで出産しました。

日本では出産後1週間ぐらい病院で過ごすのが一般的だと思いますが、アメリカでは(もちろん産後の体調によりますが)出産した翌日や翌々日に退院するのが一般的。

産んだらすぐに退院してゆっくりと自宅療養する、というスタイルです。

というのもアメリカでは医療費が高く、入院すると1日につき5万円程度加算されるからです!

「そんなにすぐに退院して大丈夫なの!?」

と驚かれますが、アメリカでは無痛分娩が一般的で、無痛分娩だと産後の回復が早いのですぐに退院しても平気なんです!

私の場合は無痛分娩後、ちょっと体調が思わしくなく2日後ではなく3日後に退院することになったのですが、

「もう1日いたいならいていいよ」

と言われたので、1日延長して4日後に退院することに。

普通の人は「早く帰って自宅でゆっくりしたい!」と思うらしく、私が「イエス」と答えると「本当にもう1日延長するの?」とびっくりされました!

ちなみに私がもう1日延長した理由は、夫の職場の手厚い保険で入院費の負担がゼロだったから。

それに病院のご飯が豪華で美味しかったから…(笑)

ステーキやハンバーガー、ピザ・パスタ、ケーキなどなど♡
とっても豪華で美味しいアメリカンな食事が1日3食自動的に出てきて最高でした!

授乳の時間になったら看護師さんが起こしにきてくれるので、食べて寝た後も自力で起きる必要がなく、ゆっくり眠れてしっかりと休養ができました!

そんな夢のような入院生活もあっという間に終わり、自宅に帰るとすぐにいつも通りに家事や仕事(在宅ワーク)を再開。

掃除・洗濯・料理・仕事、それに加えて2時間おきの授乳、授乳後の搾乳…あまり寝る時間がなかったのは少しきつかったけど、体力とか全然普通でいつもの調子でした。

日本(普通分娩)だと退院後、1か月ぐらいゆっくりするって聞いたけど、それって本当に本当なんですか??…と未だに信じられません。

特に2人目や3人目を産む場合は上の子の面倒もみなきゃいけいないし、サクッと産んでサクッと退院してすぐにいつもの調子に戻れる無痛分娩は大いにメリットがあると思います。

ワンオペママなら尚更ですよね!

日本への里帰り出産も考えたのですが、アメリカでの出産体験が最高すぎて本当にアメリカで産んでよかったです。

なので今後も2人目を産むことになったら、また絶対アメリカで産みたいです!

編集長から一言

さすがにアメリカ!出産も合理的なんですね。
食事もすごいパワフルですね。
たしかに2人目いるなら早く帰って育児したい!って気持ちの人もいるのかもしれませんね。
私の知り合いのデザイナーさんは3人目の時は出産の前日まで仕事して、出産の翌日から仕事してた人いましたが・・・
女性はパワーすごいです!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です